寝心地の良いモットンを使おう

 

寝心地の良いマットレスをお探しの方には腰痛対策に繋がるモットンが適しています。
寝た時の感触は個人によって感じ方が異なりますが、モットンは10pと厚みのある形状になっているのが大きな特徴です。

 

 

一般的な高反発のマットレスは敷布団の上に敷いて眠ることを想定しており、4p程度と薄い形状となっています。

 

 

しかし、モットンは10pと分厚いのでベッドの上に乗せて使うことも、フローリングにそのまま敷いて眠ることも可能です。

  • 高い反発力によって身体全体をふんわりと上に押し上げてくれる
  • 身体にピッタリとフィットして理想的な睡眠姿勢をキープできる
  • 体圧が適度に分散されて睡眠中に特定の箇所に負荷が加わらない

このような理由で寝心地が良く、快眠を得て寝起きの身体の痛みやだるさといった症状を改善へと導いてくれます。

 

 

モットンを購入した後のお客様にアンケートを実施したところ、以下のような結果が出ました。

長時間同じ姿勢で寝ていても辛くなかった:62%
整体やマッサージに行く回数が減った:21%
腰が楽になって寝やすくて気持ちが良い:12%
前よりもぐっすりと眠れるようになった:4%
その他:1%

寝心地が悪いと日常生活の疲れを回復させることができず、腰痛や肩こりを持っている方は特に症状の悪化に繋がりやすいので一度モットンを使ってみてください。

寝心地を良くする方法をチェック!

このページではマットレスのモットンを使うだけではなく、他にもどのような方法で寝心地を良くできるのかまとめてみたので一度確認しておきましょう。

  • ベッドパッドを使う:マイクロファイバーだと肌触りが格段に良くなる
  • 最適な枕を選ぶ:自分の体型に合う高さや硬さの枕を選択する
  • 最適な掛け布団を選ぶ:数多くの素材の中でも羽毛掛布団は身体にフィットして圧迫しない

上記のように、全ての寝具に拘ることで快適な寝心地を得ることができ、日々の生活で蓄積される疲れを解消できます。

 

 

また、モットンは人それぞれの体型に合ったマットレスを提供できるように、100N・140N・170Nと3種類の硬さを用意しているのが特徴です。
体重が45s以内の女性は100N、46s〜80sの男性は140N、81sのガッチリとした男性には170Nがおすすめだと公式サイトでは記載されていました。

 

 

マットレスの硬さに拘るのも寝心地を良くするための方法の一つなので、自分の体重や体型とマッチした製品を選んで毎日の睡眠を見直してみてください。